土曜日でも利用できる即日融資

土日や祝日など、銀行の営業が休みのときに急にお金が必要になるといった経験は誰もがされていると思いますが、そんなときキャッシングを利用すれば銀行ATMの手数料より安い金利でお金を借りられます。

 

土曜日や日曜日でもキャッシングカードが1枚あれば、提携コンビニATMからカードを使っていつでもお金が借りられる即日融資が利用できるので安心ですが、これからキャッシングを始める人でも土日の申込が可能で、即日融資を利用すれば申込みをしたその日にカードを使ってお金を借りられます。

 

土日に即日融資を申込もうと思うときは、事前に土日審査をおこなっているキャッシング会社を調べ、インターネット上からスマホやパソコンを使って申込みをします。
インターネットからの申込は24時間いつでも可能なので、できれば前日の夜に申込を済ませておくと、翌日が土日でも審査が受けられるので仮審査を受けます。
平日であれば仮審査のあと、そのまま本審査を受けて契約が終われば口座へ振込をしてもらえますが、土日祝日は銀行が休みのため振込ができないので、本人確認書類(運転免許証や健康保険、パスポートなど)を用意して無人契約機から本審査を受けることになります。

 

土曜日に借りて月曜日に一括返済する時の金利は、消費者金融の18%を例にとって計算すると、たとえば5万円を土曜日に借りると月曜日までの金利は約50円だけで済むので、銀行ATMの時間外手数料より安く済みますし、一度カードを作っておけば急にお金が必要になったときはいつでも利用できます。

 

参考サイト:キャッシング即日融資ガイド

柔軟審査の即日融資ってどゆこと?

消費者金融にはテレビCMなどで有名な大手消費者金融と呼ばれる業者以外にも中堅消費者金融と呼ばれる消費者金融があります。
中小消費者金融は大手で融資を断られた人でも審査が通りやすいようです。

 

キャッシングを始めるときは、希望としてできれば大手消費者金融や銀行のカードローンを使いたいと思っている人も多いと思いますが、大手と契約ができるのは誰でもというわけでもなくそれなりの属性が必要で、特に過去に金融事故などを起こしていればまず審査に通りません。

 

大手消費者金融の審査もきびしいところがあり、マニュアルにそって審査をするので、少しでも審査基準からはずれるとそれだけで審査に落ちてしまいますが、中堅消費者金融は信用情報の情報は重要視しますが、過去の金融事故歴が記載されていても、現在の収入や生活状況から判断して融資をしても大丈夫、というような柔軟な審査をおこなっているためたとえ過去に金融事故があっても即日融資でお金を借りられる可能性は高いようです。

 

現在、地方などで事業を続けている中堅消費者金融の多くは、有人店舗をできるだけ減らすことで経費を抑えたり、地元優先のキャッシングからインターネットを利用して全国展開するといった顧客獲得の為に努力をしています。

 

本来、大手消費者金融では融資が受けられなかった人を融資対象にしていた中堅消費者金融は融資拡大に向け、金融ブラックになっているひとでも融資を受けられるころも多いので、大手で審査が通らなかった人は中堅消費者金融をあたってみるのもひとつの方法といえます。

即日融資可能なカードローン

すぐにどうしてもお金が必要になる時があるものです。そんな時、給料日前でお金が無く困ることもあるのではないでしょうか。そんな時、必要な分のお金をすぐに借りることができるならとても助かります。その点で、即日融資可能なカードローンはとても魅力的な金融機関の商品といえます。

 

その最大の特徴とは、やはり、申し込みから契約までの手続きがとても早く、短時間でお金を借りられるということです。一般にキャッシングローンを組もうとすると、審査が終わるまでに、数日から数週間かかってしまいます。ですが、即日融資可能なカードローンは、金融会社によっては審査が数十分で終わるところもあります。
契約終了後、発行されたカードを使い、銀行やコンビニなどのATMなどでお金を引き出すことができます。その上、一度発行されたカードで限度額の枠内であれば、何度でもお金を引き出すことができます。それも魅力のひとつではないでしょうか。

 

もうひとつの特徴として、ローンを組む時に必要な担保、保証人が即日融資可能なカードローンには必要ありません。審査の時に重視されるのは、利用者の信用性です。利用者が何らかの仕事をしており安定した収入を得ているかどうかが重要になってきます。返すだけの資力があるなら比較的スムーズに審査に通ることができるようです。

 

一般の融資に比べ、早く借り入れができる便利な即日融資可能のカードローン。お金がどうしても必要で、困っている時、すぐに現金を受け取ることができるのは魅力的ですが、借金であるということには変わりはありません。利用の際にはきちんとした計画の上、借り入れしたいものです。